レース記録

Day3

2013.05.30

本日のルート

本日はモンゴルに入国。
クラシックカーレースとは思えないほど過酷なので、パリ・ダカールラリーを走っているような錯覚を覚える。
真っ暗な中を走行していると、危うく崖から落ちそうになり、すんでのところで命拾い。車中は泥だらけになり、熱を持ってしまったため、積んでいたミネラルウォーターもお湯になってしまった。
一日中揺られていたため、車を降りても脳が揺れているまま。

本日はネット環境がないため、杉山の衛星電話からの情報を基に代筆しております。ウランバートル到着後に更新します。
(スタジオKC)

モンゴの当日行動
今日は初めて砂漠でのテント暮らし
道を間違いながら、砂漠と草原の中を走しる走る。暗くなるまで何とかして到着しなければと思うほど
道に迷う。ナビを持っているが不慣れも手伝い、やがて夜になり完全に迷う。
砂漠の真っ暗闇は、目隠しされているのと同様で何も見えない。ヘットライト・フォーグランプ・サーチライトなど、全てを点灯しても砂漠の中では微力である。
目的地を目指して草原の中をした走るが、急に岩が現れたり、穴や大きな石にぶつかりながらの命がけ走行。1時間ぐらいたった時、大きな穴に3バンドして叩きつけられた。
エンジン停止車内は真っ暗、一瞬これまで終わりだと考えるが、気をとり戻しバッテリーを点検したところ、バッテリーコードが衝撃で外れていた。繋いだらエンジンが掛かったので走行開始。
何とか11時過ぎに到着。日本からの参加者全員が心配して待っていてくれ、テントの設営、食事の世話などをして頂いた(ビールまで持って来てくれた)皆さん本当にありがとうございます。 

車の現況
フォークランプ2台喪失
ボンネットの押えのバンド切れ
マフラー破れ
運転席日よけ脱落
方向機稼働せず
3日目でこの状態  先が思いやられる



 






Sugiyama

本日はネット環境がないため、ウランバートル到着後に更新します。
(スタジオKC)

ウランバートルから
第3日目、5月30日、快晴。午前8時30分に中国モンゴル国境に到着。出入国手続きと通関手続き。11時30分にモンゴルに入国。ラリー開始。
広大な砂漠地帯を北に向かって、何本もの道がときどき交差しながら続いている。どの道を走ってもよく,ときどき写真を撮りたいが、ラリーなので止まる時間がもったいない。タイムトライアル(早さを競う)が2回あったが,ラリーに馴れた参加者はスピードが早く、ぐんぐん引き離される。
2回目のタイムトライアルののち道に迷い,道無き道を通って10時過ぎにキャンプ地にたどり着いた。日本人の仲間が出迎えてくれ,荷下ろしなどを手伝ってくれた。キャンプの食事にはぎりぎり間に合ったが,シャワーは10時までなので浴びることができず,一日中砂ぼこりにまみれたままテントに入ることになった。
空を見上げると星がきれいで,特に北斗七星が大きく見える。ただ砂ぼこりのせいか、空の星屑というところまでの数ではない。夜半まで強い風が吹き,一日の興奮もあってなかなか寝付けない。

Chikushi

広大の荒野
ひとたび風が吹けば地獄である

  • 中国からの出国検査待ち2時間半
    早く出せば良いのに 💢

  • 走行中遊牧民に出会う
    我々に興味を持っているようである。
    この人達の肺の中は、どうなっているのだろう?

  • 93番はいつも綺麗にしているが、我が車はレース中は洗わない事にしている。

  • 車中から遊牧民を写す

  • モンゴルへの入国待ち
    検査官が我々の車と記念撮影しているので、なかなか進まない

  • 秋山園長先生
    別に怒っている訳ではありません。
    砂漠にピッタリとはまっている所を激写

  • 360度この景色
    とにかく広い、行けども行けども砂漠

  • 参加車がバックして来てぶつける
    フォーグランプが取れ落ちる

  • 野生か家畜か分からない

  • 初めてのキャンプ地
    荒涼としていて周りは何も無いが、暗い時に走ると恐ろしい幻想に襲われる

  • オーストラリアチーム
    カンガルーマークの付いたテント
    いつも離れている所に設営している

  • ホテルスギヤマ 周りのテントと比べるとかなりデカイ
    外人からは、ジャパンエンバシーと呼ばれていたそうです
    カップヌードルが美味かった

Moive

Peking to Paris Motor Challenge 2013 #94 Sugiyama&Chikushi


杉山・筑紫チームのユーラシア大陸横断記「3日目」です。
次の動画は「4日目」です。

Altanshiree アルタンシレー(モンゴル・ドルノゴビ省)

通貨トゥグルグ
1トゥグルグ=0.05円(2017年12月17日現在)
緯度北緯45.5°(稚内と同じくらいの緯度)
経度東経110.5°

<ドルノゴビ県>

県都サインシャンドはウランバートルの南西456㎞に位置しています。ドルノゴビには薬草のハーブ類や一年生、多年生の多くの植物が茂っています。野生馬、野生の羊、アイベックス、オグロアンテロープ、白アンテロープ、ヤマネコなどの動物が多く棲息しています。また猛禽類も見られます。
しかし、近年、荒野化が進み、野生動物の種類が乏しくなっていることが問題となっています。荒野化の主な原因は、気候の多変性、降水量が少ないこと、乾燥の状態が前からひどいこと、黄砂の流動が激しくなったこと、地球温暖化等が挙げられます。また、近年、野生動物の種類が少なくなっている原因としては、大まかには毎年の乾燥によるもの、そして冬の雪が溶けにくいこと、また、違法な狩猟の存在があります。


http://www.panoramio.com/photo/3854887
引用元:Panoramio   http://www.panoramio.com/

<ハムリンヒード >

この新しい寺院は県都サインシャンドの南方、車で一時間ほどの所にあります。その地の多くの人達が生き神様だと信じたダンザンラブジャに対する信仰が発展してきました。彼のイメージは大広間につるされているカーペットに織り込まれています。1821年にダンザンラブジャが建てた最初の寺院と三階建ての劇場は1930年代、ソ連によって壊されました。寺院の近くには瞑想のための洞窟やダンザンジャブラや彼の教え子達がつかった静養所があります。
またここにはエネルギー・センターと呼ばれる場所があります。ここは世界に5ヶ所あるエネルギーを発している場所の一つで、ダンザンラブジャは昔からこの地でエネルギーが発せられていると考えていました。正方形の土地の各辺に合計108のストゥーパが作ら入口は4ヶ所あります。僧侶の入り口、高貴な人の入り口と一般人の入り口があり、一般人の入り口の正面には「神様の入り口」があります。この神様の入り口は入口というよりも参詣した人達が神様に会うために祈願するところで、そこには大きなオボー(石や木をピラミッド状に積み上げた信仰の対象物)があります。


http://www.mnto.org/v2/images/stories/dornogobi/dornogovi%20hamriin%20hiid.jpg
引用元:MNTO(モンゴル全国旅行業機構) http://www.mnto.org/

明日のルート