レース記録

Day2

2013.05.29

本日のルート

今日は予定通りホテルを94番目に出発したがアクシデントの連続
1番目、ダイハイのメーンストリートで渋滞中に、公安(中国警察)が来て、交差点脇に誘導される。(違反でもしたのか?)
警官から、中国の免許書と通行許可書の提出を求められる、警官はしばらくどこかに行っていて、帰ってきたら指で○のサイン、警官は元の道に誘導してくれ、他の車を止めて敬礼で送り出された。
2番目、敬礼されたので気持ちよく走行していたら、回れ道の標識と地図を見落とし、悪路にハマってしまった。おかげで、フォーグランプは落ちるは、車内の消火器のピンが外れ液が出る騒ぎであった。
基本ルートに出たら、タイミングよく参加車に出会得たので、後を必死に追いかける。
3番目、峠越えでギアトラブル発生、1・2は入るが3・4とバックが入らなくなった。5キロ後にチェックポイントがあるとのことなので、何とかチェックポインに到着。運良くレスキューチムがいたので、見てもらう、原因はミッションではなく、ゴミと汚と劣化
見てもらっている時に、エンジンがすぐ止まる現象起きたため、ディストルビューター内のローターを替えたら直った。2時間遅れで出発。
4番目、このレースには朝食と夕食は含まれているが、昼は勝手にしてくれの世界。中国の高速道路や一般道にはファミレスとかコンビニなどは皆無で、特に一般道の店は貧民街のようで、とても食事などは買えない(買う気もしない)
よって北京でタッパーを買い、朝食のとき昼食を入れることにした。(セコいんです) 但し、なにが入っている分からないソーセージだけは入れない。
外人はリンゴとバナナを素早くゲットしていましたね(さすがです)
1日目のダイハイホテルの食事はよろしくないのですが
かといって昼を食べないわけには行かないので、焼きそばと、なんだか分からない物をタッパーに入れ食べたところ、2人で定番コースになってしまったので、1人ずつ道路脇の原野で済ませる事にしたところ、あちこちにその後があるので、踏みつけないよう気をつけながらの用足し。(半熟など踏みつけたらひどいことになりますから・・)
ついでに下の話
カルフールでトイレットペーパー(モンゴル砂漠で使用)を訊いても全く通じない、だんだん女性の店員がよって来たので、ここでサービスだと思い、ウンチングスタイルをしたところ、受けましたね
みんなが、口々にわめき散らしながら指をさしていました。
おまけの話
ガソリンスタンドや公園のトイレには、間仕切りやトビラがありません。隣の人の顔を見ながら踏ん張るのです。  
もちろん水洗ではありません、くらくなると落ちます。
中国の一流ホテル以外のホテルには行かない事です。 外で用足しする事を勧めます。
よくTVで見る女性の報道官も、あのようなトイレでしているんだー  これから見方を変えねば・・
それにしても尖閣諸島よりトイレ整備が先だろうが・・・

明日はモンゴルでテント生活でメールができなくなるため、ブログは衛星電話でスタジオKに連絡して立ち上げて貰います。




Sugiyama

私のホテルと杉山のホテルが離れているため、本日のブログは休ませていただきます、
ウランバートルからのレポートをお待ちいただけたらと思います

代筆 杉山

ウランバートルから
第2日目、5月29日、快晴。宿泊地ダイハイを出て一般道路を地域の中心地であるホーホトへ。並木と畑と人家が続き、青空と緑のさわやかな朝だ。ところがホーホトの街で昼の渋滞に巻き込まれ,あげくの果てに警察官の職務質問にあい,通行許可証と中国の運転許可証を提出させられ大幅に遅れた。再スタートしようとしたところギアが大きな音を立てて動かなくなったが,なんとかして山道を登り、最初のチェックポイントにたどり着いた。そこでレスキュー隊にギアとエンジンオイルをチェックしてもらう。
山を越えると広大な平原が広がる。180度のパノラマだ。ヤギ、馬,そしてらくだの放牧。1907年にはボルゲーゼ公は中国の苦力と馬に車を引かせて,この山越えをしている。
さらに進むと,地平線まで一本道が続き、その地平線の丘に達するとまた地平線が現れ,この繰り返しだ。国境の街、二連ホトが見えてくる。まるで砂漠の中のオアシス都市だ。この地域で恐竜の骨が発掘されたのを記念して,二匹の恐竜のアーチが迎えてくれる。

Chikushi

ダイハイホテル発
このようなホテルでも日本円両替出来ず
生意気だよ・・

  • 200キロに及ぶ原野
    この原野にお世話になりました
    感謝・感謝

  • 荷物満載の往来が多い
    すれ違いの時は、荷崩れがするのではないかと身構える

  • 恐竜の街として有名
    街のシンボル

  • タイムトライアル チェックポイント
    に入る

  • チェックポイントからのスタート前

  • カルフーフで演技した後の清々しさ
    トイレットペーパーは、芯の抜けたロール状は少なく、積み重ねた物が主流

  • 彼はちり紙を買う時、鼻をかむジェスチャーをしていた。

  • 洗面器を買っていましたね
    砂漠用は分かりますが、ホテルにも洗面器を持って行きました。

  • 体調も良くなり、余裕しゃくしゃくの大僧侶
    ハンドル握ると飛ばすのだ

  • 延々と続く幹線道路
    写真では良い道路に見えますが、とんでもない、急に穴ぼこが出現
    100キロ出しているとよけきれない

  • 五十嵐社長92番を手伝う
    この車が事故を起こし、奥様が亡くなる

  • タイムコントロール場所

Moive

Peking to Paris Motor Challenge 2013 #94 Sugiyama&Chikushi


杉山・筑紫チームのユーラシア大陸横断記「2日目」です。
次の動画は「3日目」です。

Erenhot エレンホト市(モンゴル自治区シリンゴル盟)

通貨人民元
1人民元=17.03円(2017年12月17日現在)
緯度北緯43.7°(旭川と同じくらいの緯度)
経度東経112°
ビッグマック指数中国でビッグマックは約272円(東京では通常320円)

<エレンホト市>

エレンホト市は内モンゴル自治区シリンゴル盟に位置する県級市。
中国語で二連浩特(アールリェンフォト)といいます。ホトは、モンゴル語で町を意味します。
エレンホトから汽車などを利用してモンゴル国へ行くことができます。中国人・モンゴル人以外の外国人が通ることのできるモンゴルとの国境はここだけです。なお、モンゴルは現在30日以内の滞在で有れば日本人はビザを必要としません。
1984年9月、視察に訪れた胡耀邦により「南に深3W有り、北に二連有り」と評価されるモンゴル国への重要な対外開放都市となりました。このルートは長らく「茶葉の道」「北方のシルクロード」等と言われました。
また恐竜の化石が発見されたことにより「恐竜の郷」とも知られます。


http://baike.baidu.com/picview/193070/193070/0/78701455f82f70dcb745aef4.html#albumindex=2&picindex=1
引用元:百度百科

<恐竜の郷>

 エレンホトはアジアで恐竜の化石が初めて発掘された地域とも言われています。ここは、恐竜などの脊椎動物の化石がたくさん埋蔵、古生物学者によって恐竜の墓地と呼ばれています。特に、恐竜の化石の種類がたくさんあり、ユニークな地理的条件でもあるため、エレンホトでは、2009年に恐竜地質公園が作られました。
エレンホト恐竜地質公園は、エレンホトの北部から9キロ離れたエレンノルにあり、この公園に入ると、まず骨格の大きな恐竜の複製と化石は人々の注目を引きます。
 エレンホト恐竜地質公園にはこれまでに4千万元(6億円)が投資されています。つくられた施設には恐竜科学知識普及館、恐竜化石展示館、鉱物展示館などがあります。
恐竜地質公園の発掘の際には、世界で初めて恐竜の卵が発見されました。また、卵を盗もうとしている恐竜もここで発掘されました。卵を盗む恐竜の発見は、2007年アメリカの雑誌「タイムズ」によって、世界科学発見ベスト10のひとつだと認定されました。そしてその化石は、今年の世界古生物大会で世界の有名な化石のベスト8の一つに認定されました。


http://en.wikipedia.org/wiki/File:Kissing_Sauropods_in_then_Gobi_Desert_(Erenhot_China).JPG
引用元:wikipedhia

明日のルート